乾山写し龍田川銘々皿

4,400円(税400円)

江戸時代の尾形乾山の写しで、京都、森俊山さんの作品です。
紅葉と流水の絵柄は、在原業平の句から「龍田川」と呼ばれます。
鮮やかな紅葉と流水の大胆な構図は今見てもハッとするような新鮮さです。
季節感が出て食卓を明るく演出します。
取り皿やデザートなどに使える銘々皿サイズです。
手作りですので、形状等ひとつひとつ異なります。
サイズ:約14×13×h1.7