薪焼成片口(鈴木智尋)

7,700円(税700円)

鈴木さんは普段は京都、嵯峨で作陶されていますが、年に1度、信楽の登り窯に作りに行かれます。
こちらはその時に作った薪焼成の片口鉢。
薪で焼いた独特の風合い、同じものが二つとないのも薪窯で作ったものの魅力です。
茶色とグレーの間のような渋い色合い。
細かい貫入がいい味で、使い込むにつれ貫入に色が付き景色が変わっていくのも楽しめます。
お酒の片口としてはもちろん、ダシなどの注器として、また口が広いので鉢としてお料理を盛っても素敵です。
サイズ:約16×12.3×h7